イエンフォン(YEN PHONG)工業団地 ― バクニン省

北部において最も多くのFDIを誘致している工業団地

面積:658ヘクタール

  • 第1フェーズ:344ヘクタール(2005~2055年)
  • 第2フェーズ:314ヘクタール(2016~2066年)

工業団地のメリット 

  1. 工業団地は国道18号線に面する。
  2. ノイバイ国際空港までの距離は22kmで、ハノイまでの距離は35kmである。
  3. 産業インフラが整備されており、工場の工事がすぐに着工できる。
  4. インフラとサービス各種が整った。
  5. 平準化高度は5m以上である。
  6. イエンフォン住宅団地にあるヴィグラセラ専門学校が活動しており、毎年ヴィグラセラコーポレーションのメンバー会社やSamsung、Lock&Lock、Canonなど工業団地内の企業向け熟練した労働者を6,000人ほど輩出している。
  7. ヴィグラセラはイエンフォン工業団地から1.5kmにイエンフォン住宅団地を投資した。当住宅団地は工業団地内に勤める専門家と労働者の2万人以上に家を提供できる。

文化施設エリア

2019年、ヴィグラセラはイエンフォン工業団地の文化施設エリア・社会住宅団地の工事を着手した。 これは、多機能工事の複合プロジェクトである。その中には、01小学校(規模15クラス)、01幼稚園(規模12クラス)、カルチャーハウス(収容力1,000人)、クリニック、公園 、スポーツエリアなど合計面積17,000m 2の敷地に建設される。

イエンフォングリーンビジネスパーク

イエンフォングリーンビジネスパークは工業団地、家庭生産地域、オフィスとホテルエリア、公共サービスエリア、トレーニングエリア、住宅エリア、緑地公園、スポーツエリアを含む、バクニンの科学技術コンプレックスが計画されている。工業団地内の専門家や労働者のための快適な生活を提供する。

イエンフォン工業団地は国道18号線に面する。

交通

イエンフォン工業団地から国道18号線に4つのアクセスポイントで接続されており、その中には3つの交差点がある。

産業インフラ施設

給電

電気は国家送電線網から4か所の110/22kVの変圧所を通して給電されている。現在工業団地内の変電所の能力は9x63 MVAである。

給水 

第1フェーズの浄水場の能力は1日中36,000㎥であり、第2フェーズでは 1日中22,000m3 である。

排水処理

第1フェーズの排水処理所の能力は一日中28,000㎥であり、 第2フェーズのは一日中12,000㎥である。

窒素ガスステーション

能力3000万m3 /日のある窒素ガス供給ステーションは工業団地内に位置する。

通信システム

工業団地内の各企業には国際基準に応えられる通信システムが導入され、国内外の通信サービスが提供される。

サービス各種

警察署、診療所、銀行、ロジスティクス、郵便局、ガスステーションなどが工業団地内に位置する。

警察署

銀行

郵便局

ポリクロン

物流センター

供給ステーション

社会インフラ施設 

51ヘクタールのイエンフォン住宅団地は工業団地から1.5kmに位置し、ワーカー向けの寮、ヴィグラセラ専門学校など労働者のための施設を提供している。

20ヘクタールのワーカー向けの住宅エリアはイエンフォン工業団地に隣接し、工業団地内に勤める労働者に2,000軒のアパートが提供できる。

  • 企業の法人所得税率(CIT)は 20%である
  • 税金が最初 2 年間免税され、
  • その翌年から 4 年間の税金が 50% 減税される

PHOTO

VIDEO

TOP